スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちびさんとママの初大冒険

DSC00170_convert_20100630133959.jpg 

またまた美術館へ行って来ました。『モーリス・ユトリロ展』へ。

私、ユトリロの「白の時代」の絵が好きだったのですが、「色彩の時代」もあったんですね。

今回その色彩の時代の絵が多く、「ユトリロにもこんなに多彩な絵があるんだ!」と新たな発見がありました(私が無知だっただけですけど・・・)。

一人の画家による絵画展は、その画家の生涯がよくわかるので私は好きです。

私生児として生まれた彼の孤独や自由を奪われた生活の心の叫びを、絵を通して感じ取ってきました。


そうそう、今回はちびさんと二人だけの大冒険だったんですよ。

エアバギーは早くから買って持っていたのですが、今回電車やバスの移動用にセカンドベビーカーを買ったので、電車でお出かけして来ました。(セカンドカーの記事は後日詳しく記載しますね。)

ずりばいや立っちを始めたちびさんはじっとしているのが嫌いで、ベビーカーもおとなしく乗っていないのでちょっと心配だったのですが、とてもいい子でした。

往復の車中はおとなしくベビーカーに座っていて、美術館内は抱っこ紐の中でお昼寝と母は絵画鑑賞を満喫できましたよ。

雨だったらやめようと思っていたのですが、曇りだけど日中は降らなそうだったので思いっきって出かけて良かった。

冬になるとインフルエンザなどの感染を心配して出かけにくくなりますが、夏場は心配ないので、これからはどんどん出かけてみようかと思います。

ただ、せっかく新宿まで出たのでお茶ぐらいしてきたかったのですが、ちびさんの機嫌が悪くなるといけないので、美術館だけで早々に帰宅しました。

あと、その美術館はオムツ替えのトイレがなく、ちょっと不便でした。

子連れでも出かけやすくなるようにいろいろ整備されるといいのに。
スポンサーサイト

ボストン美術館展

DSC00147_convert_20100617135230.jpg 
【上左】カミーユ・ピサロ 『エラニー=シュル=エプト、雪に映える朝日』
【上中】ギュスターヴ・クールベ 『森の小川』
【上右】カミーユ・コロー 『花輪を編む娘』
【下左】クロード・モネ 『プールヴィル、ラ・カヴェの道』
【下右】クロード・モネ 『アルジャントゥイユの雪』

六本木ヒルズでやっている『ボストン美術館展』へ行って来ました。産後ようやく行けた美術館。いや~、いつ以来だろう??

もちろんちびさんも一緒です

ベビーカーに乗せたままだと絶対泣くと思ったので、美術館に着いたらベビーカーをクロークに預け、抱っこ紐で回る予定だったのですが、車で出かけたこともあって抱っこ紐を忘れてしまいました

おかげで抱っこして回ることに。現地で待ち合わせて一緒に行ったいとこが途中で代わってくれましたが、落ち着かない美術鑑賞になったことは言うまでもなし。

まぁ、子連れということ事体、それは承知の上だったからしょうがないですけどね。

でも、抱っこしてからはおとなしくしていて、周りに愛嬌も振りまいていたので、とてもいい子でした

今行きたい美術展がいくつかあって出かけたいのですが、やはり子連れだとなかなか難しいですね。

六本木ヒルズはよく出かけているので、授乳室やオムツ替えの場所、美術館にはクロークがあることなど知っていたので出かけましたけど、どこもそううまくはいかないですよねぇ。

その上、東京は平日でも美術館は混むし。外で30分待ちと言われたら、これからの季節とても待てない。

子供がいる限り行動範囲が制約されるのは仕方ないですけど。

あと、ちびさんを一人チャイルドシートに乗せて自分の運転で出かけたのですが、さすがに途中から泣き騒ぎ慌てました。

帰りは乗せた途端寝てくれて助かったけど、これからは車の遠出も無理だなぁ。


にほんブログ村 子育てブログへ

出産前にやりたいこと

IMGP0015_convert_20090527094556.jpg 

昨日は、銀座でいとことランチをした後、『ルーヴル美術館展―17世紀ヨーロッパ絵画―』へ行って来ました。

平日にもかかわらずすごい人で入場までに40分待ちでしたがっくり

どうしていつも日本の美術館はこんなに混むのだろう・・・?

実物のルーブル美術館には過去2度ほど訪れたことがありますが、混んでいた記憶はない。好きな絵の目の前に立って何時間でも見られるほどでした。

今回も1点だけ来ていたフェルメールの絵画『レースを編む女』(写真上段右端)の前ではすごい人だかりで、目の前で観察するには何分待ちのなの?といった人気でした。その上結構小さい作品なので、遠目に端から眺める訳にはいかず、なんとしても前に行きたいとがんばってみましたよ笑

後半は宗教絵画であまり興味がないので足早に観て来ましたが、ある絵のタイトルを目にし見入ってしまいました。なぜなら『受胎告知』だったから。お守り代わりにポストカードを2枚買ってみました(写真上段左2枚)。

 

インフルエンザが心配なので、食事の時以外はマスクをして出かけましたが、これからどんどん暑くなるので日中マスクして歩くのはきつくなります。

先輩ママの友人たちに妊娠を報告すると、みんな口々に「子供が産まれると生活が驚くほど変わるから今のうちにやりたいことをやっておいた方がいいよ。」とアドバイスして来るのです。

美術鑑賞も出産前にやっておきたいことのひとつなのですが、この新型インフルエンザ騒動が行動力を弱めています困り顔はぁ・・・、早く治まって欲しいものです。

自宅近所のドラッグストアではすべて売り切れだったマスクが、有楽町のマツキヨで65枚入りBOXをゲットしました~。会計が終わった時には既に売り切れていましたけど。

これをしてガンガン出かけるか!・・・って、訳にも行かないですけど。ま、ほどほどに。

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

3連休の出来事 その2

私はお酒が弱くほとんど飲めません。結婚後はほとんど飲みに誘われる機会もなくなり、さらに弱くなりました。ダンナもお酒が弱いのでおうちで飲むこともありません。

でも今日は、先日出かけた甲府でマスカットワインを買ってきたため、珍しく二人で飲み物ワインをあけました。

久しぶりにお酒を口にしたせいかシャンパングラス一杯も飲めずに酔っ払い、テレビを見ながら寝てて、先ほど起き出して、食器を片付け、お風呂に入ったところです。なので珍しくこんな時間に起きてます。

食器洗いはダンナの仕事なのですが、彼はそのまま寝たままです怒

 

さて、甲府旅行の続きです。

帰りに山梨県立美術館に寄って来ました。その美術館は別名『ミレーの美術館』と呼ばれるほどミレーの絵がたくさんあります。

実は私は働く人に光を当てた画家ミレーの絵画が一番好きなのです。ですが、甲府に出かけるまで知らず、ガイドブックを見て「これは絶対寄らねば!」と思い立ったのでした。

PB260359_convert_20081126201923.jpg
(一番下の絵はクールベです。)

そのミレーの絵の中でも『種をまく人』(写真中央)一番好きなのです。この絵は小学校の図工室で初めて見て、ずぅーーーーーっと印象に残っている絵だったのです。当時の私がなぜそんなにもこの絵に感銘を受けたのかはよく覚えていませんが、私の絵画鑑賞はこの絵を基点にしているように思うのです。

その実物を目にすることができ、それはそれは感動しましたキラキラ

あと、『落穂拾い』は有名ですが、私もフランスに行った際にオルセー美術館で観ましたが、ミレーはその絵を描く前に『落穂拾い・夏』(写真左端)を描いているのです。

旅先で思いもかけずミレーの絵画に遭遇できたことがこの旅の何よりの収穫でした。

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

食欲の秋と芸術の秋

出来ました~。

P9140267_convert_20080914235250.jpg

 

昨日のいまいちの出来からリベンジ。

小麦粉を替えたら、ふわふわの食パンが出来ましたピース

最近食パンが値上がりしたので作った方が安く上がるかなと思ったんですけど、そもそも原材料が上がっているし、小麦粉にバターと揃えたら結局のところトントンかしらね汗;

間違いなく、作ったパンの方が美味しいからいいとするか。

さて、飽きずに使いこなすぞ汗とか

 


 

heart0heart0heart0

P9140270_convert_20080914235323.jpg 

フェルメール展』に行って来ました~。芸術の秋ですねぇ。

入るまでに30分待ちだったんですけどがっくり

中に入ってもすごい人で、絵までたどり着くだけで大渋滞でした。

30数点しか現存していない画家の作品を観ようという思いはみんな一緒なのかしら。そのうち今回は7点が来ていました。

フェルメールって14人も子供がいたんですよ。びっくりびっくり

羨ましいわ。私なんかたった一人を作るだけでこんなに苦労しているんだからね。

秋はこれからですね。また感性を養いに行こうっと。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 潤いのある生活を求めて  All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。