スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々の日課に足湯追加?

D43(高温期26日目)

体温はまだ37℃超えはしたことはありませんが、36.80℃前後を安定的に保っています。お腹のベビちゃんは今もがんばってくれているのかな??毎日が不安で不安でたまりません。

昨日は鍼灸治療に行ってきました。ここ最近は、会社帰りではなく休日に予約を入れ、ダンナに車で送ってもらい、施術中は車で待っていてもらって、帰りもその車で帰るというコースになってます。電車で1時間ちょいかけて通う必要がなくなり(車だと40分キラキラ)、大分楽チンになりました♪

前回の時、先生に検査薬での陽性反応を伝えましたが、安定期に入るまでは面倒をみるので通院するようにと言われていたのです。

お腹周りには鍼を刺さなくなり、背中は横向きで施術するようになりました。家での生姜温灸もおへその上とその上辺りの2箇所にお灸の場所が変わりました。

そして昨日は、足が冷えているからと黒酢の足湯を勧められ、足湯セットを買わされたのでした。はっきり言って面倒くさかったので断りたかったのですが、断われる雰囲気ではなく2000円だったので仕方なく購入・・・

その足湯とは、両足が入るバケツを用意して45℃のお湯を入れ、足湯セットに付いている両足用のビニール袋の中に薄めた黒酢を入れ、その袋に足を突っ込み、ビニール袋の足ごとバケツに足を入れるというもの。その姿勢で40分。

なんとも面倒くさい汗あせ両足が入るバケツなんてうちにはないし・・・

会社から帰って来て夕飯の支度をし、漢方を煎じて、生姜温灸をやり、その上足湯?絶対自信ない。

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

スポンサーサイト

病院尿検査では妊娠判定

D37(高温期20日目)

結局、3月9日の婦人科予約まで待てずに別の婦人科へ行って来ました。

その病院はKLCを訪れる前に、通いやすさを第一に不妊治療をやっている自宅近所の病院を調べて行ったところです。そこで2回ほどタイミング指導をしてもらいましたが、結果は出ませんでした。

不妊治療と謳っている割には、治療に積極的じゃないような気がして、来ている患者は婦人科検診の方が多く、それで儲かっている病院なの?と不安を抱いたためそこではステップアップをしなかったのです。

新たに病院を開拓するのは面倒だったので、とにかく妊娠判定をと思い、会社帰りに寄りました。

結果は、尿検査での妊娠判定は出たものの、胎嚢確認は微妙でした。

KLCとは違って、内診台から自分も見えるモニターがないため、カーテンの向こうではどうなっているのか不安で不安でなりませんでした。聞こえるのは先生のため息ばかり。

タイミング指導で行っている時も、全然卵胞が見えず育っていなかった時、同じようなため息を聞いていたのを思い出しました。なんだかそれが嫌でやめてしまったのです。

覚悟を決め、先生との診察に向かいました。

4、5枚の写真のうち最後の写真を見ながら、「多分・・・多分、これが胎嚢だとは思うんですけどね。」多分、多分を連呼しつつ見せられた写真には光が入ったのか?と思うような点がありました。

現時点ではこの程度の胎嚢確認しかできないそうです。

「じゃあ、子宮外妊娠の可能性はないですね?」

「これが胎嚢だとすれば、可能性は低いでしょうね。」

(なんだよ。やっぱり頼りにならないえ?

「次は2、3週間後ですね。」

「2週間後だったら、心拍確認は出来ますか?」

「まだですね。」

(やっぱり3月9日なんだ汗あせなら、予約した病院へ行こう。)

やっぱりおめでとうございますとは言われませんでした。心拍確認まで難関ですものね。今日で妊娠成立とはいえない訳です。

家での妊娠検査薬陽性反応を報告した時、我がダンナは意味がわかっているのかいないのか、「産まれるといいね。」との一言でした。先週末も「ねぇ、今日ジム行く?」ととんでもない質問もして来るし汗あせ

そんな彼ですが、今日病院へ寄ってから帰るとメールをしたところ、あわてて病院のある駅まで来ていました。少しは心配してくれているのかな??

心拍確認ができるまでここにいさせて下さい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

妊娠判定受診のタイミング

妊娠検査薬陽性反応後、落ち着かない日々を過ごしています。

妊娠判定に行く病院を調べていて、出産をするならばこの病院と考えていた病院のHPを見てみました。
「医療機関で心拍確認ができている方、まずご来院を。心拍確認未定の方は、お近くの婦人科、または当院の婦人科にて妊娠判定をお済ませの上、出産をお申し込み下さい。」
と書かれていました。

妊娠判定もやってくれるならばと早速婦人科へ予約の電話を入れてみることに。大変混み合っているので余裕を持って事前に予約をして下さいと書かれていたのです。

電話最終生理開始日を聞かれ、そこから7~8週に受診すれば十分なので3月9日はどうですか?と向こうから日にちを指定されました。

へ??と思いつつ、仕事中抜け出して会社の廊下で電話をしていたこともあり、動転してその日にちで予約を取ってしまいました。「お身体気をつけてくださいね。お大事に~。」と言われ電話は切られました。

いやいや、私にはまだまだ妊婦を気取る余裕なんてありませんけど!3月9日なんて遅すぎる!!
と我に返ったのでした。

心拍確認まで一度で済ませようってことなんだ。私はそんな優良妊婦ではないのだ・・・

KLCでの治療はまだ一年とは言え、ヒューナーテストで2回不良と診断され、初めての体外受精は受精せず、その後採卵では空胞だったこともあれば、4回の移植では一度もかすりとも着床しなかった。

不妊治療を続けていると、子宮外妊娠、化学流産、稽留流産などなど余計な知識までわんさか身に付く。過去に妊娠検査薬の陽性だけで妊娠を報告して来た友人たちのなんと羨ましいことか。

彷徨う私の日々は続きます・・・


という訳で、まだまだカテゴリーを変更する訳にいかないのです。 よろしくお付き合い下さい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 潤いのある生活を求めて  All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。