スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療再開

昨日生理3日目で病院へ行って来ました。今周期の治療再開です。

一ヵ月半ぶりに行ったら、9Fの待合室が改装されていました。拡張されていて、これだけ椅子があれば立って待つもことなくだろうなと思っていたら、9時を過ぎると満員でやはり立っている人もいました。

これだけの人のうち来月何人が妊娠判定を迎え、陽性を得られるんだろうと考えていました。「もう二年も通ってる」という会話を耳にし、不安がつのります。でも、みなさん、がんばりましょう。み~んな一緒に笑いたい。

血液検査の結果が出るまで一時間半、4Fに呼ばれて待たされること40分、ようやく診察でした。

今まで見たことのない先生でした。

「今日のホルモン値で問題のある数値はなかったですよ。セロフェンを出しますね。」

「はい。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

(おい、何かってよ。今周期はどんな治療でいくとか説明ないのかな??)

「次はいつ来ればいいですか?」

「10日目でいいですよ。」

(え?この前は8日目に来てセロフェンだけでは効かないだろうからと言って注射をしたのに。)

「その時に注射するんですか?」

「しませんよ。・・・・え?あなた注射しないと卵胞が育たない人?」

慌ててカルテをめくる先生。でも私は、その時によって薬が効いたり効かなかったりしているので、いつも決まった治療はしていない。

「じゃあ、8日目に来て下さい。そして、注射しましょう。」

(その時に卵胞がちゃんと育っていれば無理に注射しなくてもいいと思っているし、柔軟に対応してくれるんだろうか?)

この病院は担当制ではないので、その時当たった先生がカルテを見て治療内容を把握するしかない。大勢の人が通っていてかなりのデータが蓄積されているとも聞く。技術力も高いと信じている。ここは信じるしかないな。 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

スポンサーサイト

絵からのメッセージ

先日お話した温泉一泊旅行の宿でこんなカワイイjumee☆angelR絵文字名を入力してくださいを買いました。

正確にはダンナのお母さんに買っていただきました。

P9240303_convert_20080925202456.jpg

 大丈夫だよ・・・

ここにいるよ・・・

そばにいるよ・・・ 

このメッセージに泣きそうになったのでした。

よくよく考えてみると、子供を亡くしたり、流産した親へ子供が語りかけているメッセージに聞こえますが、私はこう捉えたのです。

前にこんなことを聞いたことがあります。

子供がお母さんのお腹に降りて来る時というのは、空の上から子供たちはどの親にしようか見ていて、「この人と指」と指を指して来るんだよ。

私が妊娠できないのは、まだ選ばれていないからなんだなって思っていました。

でも、この絵は「もうじきお空から降りていくからね」って語りかけてくれているように感じたのです涙

 またがんばる元気が出ました。

選ばれるようなお父さんとお母さんになるために、いい夫婦でいようと思いました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

遅い夏休み

ダンナの実家に帰省して遅い夏休みを楽しんで来ました。

ご両親と一泊温泉温泉旅行に出かけたり、義弟夫婦たちと三家族で食事をしたり、思いがけずお祭りに当たって今年念願の夏の風物詩だった花火を見れたりと、いいリフレッシュが出来ました。

実家でも食後の散歩をしましたよ。今度はダンナが私を案内する番でした。

病気になるとお世話になった病院内科や歯医者を教えてもらったり、通っていた書道教室や塾を教えてもらいました。

本当は小学校まで歩いて行く予定だったのですが、通学路だった道がマンション建設のため閉鎖され行き止まりになっていて、大きく迂回しなければならず疲れて断念したのでした。

なにせ、もともと片道徒歩で30分だったので、旅疲れもあって足が動かずがっくり

東京生まれ東京育ちの私には水筒を持って通学する距離なんて考えられないのです。私の小学校ではほとんどの子が10分圏内の通学だったんじゃないかなぁ??

じゃあ、中学校は?って聞いたら、さらに遠くてチャリ通だったとマジ

何はともあれ、親孝行のためには早く孫をつくらなければ汗とかと実感して帰って来たのでした。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

食欲の秋と芸術の秋

出来ました~。

P9140267_convert_20080914235250.jpg

 

昨日のいまいちの出来からリベンジ。

小麦粉を替えたら、ふわふわの食パンが出来ましたピース

最近食パンが値上がりしたので作った方が安く上がるかなと思ったんですけど、そもそも原材料が上がっているし、小麦粉にバターと揃えたら結局のところトントンかしらね汗;

間違いなく、作ったパンの方が美味しいからいいとするか。

さて、飽きずに使いこなすぞ汗とか

 


 

heart0heart0heart0

P9140270_convert_20080914235323.jpg 

フェルメール展』に行って来ました~。芸術の秋ですねぇ。

入るまでに30分待ちだったんですけどがっくり

中に入ってもすごい人で、絵までたどり着くだけで大渋滞でした。

30数点しか現存していない画家の作品を観ようという思いはみんな一緒なのかしら。そのうち今回は7点が来ていました。

フェルメールって14人も子供がいたんですよ。びっくりびっくり

羨ましいわ。私なんかたった一人を作るだけでこんなに苦労しているんだからね。

秋はこれからですね。また感性を養いに行こうっと。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

念願のホームベーカリー購入

ジャジャ~ンbikkuri01


P9110258_convert_20080911220827.jpg

 

食パンホームベーカリーを購入しましたキラリラ

昨年から迷っていたのですが、夏のボーナスの使い道にメドが立ったので踏み切りました。

今日早速トライ上最初と言うことでごく普通の「食パン」でランチに合わせてセットして午前中出かけていたのですが、帰って来たら既に半分食べられていました汗あせ焼いている途中からパンの美味しい匂いプンプンしていて、うちのダンナ待ちきれなかったのだとか怒

なので出来上がりの写真がありません。

でも、しっとりしていて思ったよりフワフワじゃなかったですよねえーん

膨らみも足りなかったような気がするし。

原因は、強力粉が古いからかもしれない。昨日「パン専用特選小麦粉」というのを買って来たんですけど、遠い昔に買った強力粉が余っていたのでそれから使ってみたのです。

 明日はお160特選小麦粉でトライしてみます。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

アワーブーム

私たち夫婦の最近のマイブームならぬアワーブームは散歩です。

たまにですが、夕ご飯の後おうちの近所を40~50分散歩します。
妊娠のための身体作りや運動不足解消のためになんとなく始めたのですが、これが結構楽しい音符
何よりお金もかからないですしねグー!

 
私はずっと同じ地域で生まれ育ち、結婚後も実家の近くに住んでいるので近所=地元なのです。
小学生の頃は自転車で友達の家や塾やお稽古事に動き回っていたものですが、行動範囲が広がるにつれ意外と地元は家と駅の往復だけになっていくものです。
近所でも何年も訪れていない場所があり、「こんなところに豪邸が建ってる!」とか「空き地がマンションに変わった!」とかいろいろな発見があります。
ダンナは地元ではないため、「ここは小学生の時の友達○○ちゃん家だよ」とか「ここに塾があったの」と教えながら歩き、まるで自分の宝物を披露しているような感じですうふ

この習慣も寒さと共に面倒くさくなっていってしまうのでしょうが、今はもう少し楽しもうっと。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

好きなものに囲まれて過ごすのもひとつの幸せ

先週予定して延期になっていた豊島園の温泉『庭の湯』に今週こそは行けるかなって思ってたら、中止になってしまいました。
行きたくないんだって。うちのダンナ言い出したら頑固で自己中でホント手を焼いていますおちこみ
付き合っている頃はこんなんじゃなかったのにね。
さて、こんな嫌な話はやめましょう。

昨日届きました~絵文字名を入力してください

P9060253_convert_20080906104216.jpg 

お気に入りのネットの雑貨ショップ「zakka-candy」で注文したパスタケース。
早速、パスタを入れてみましたよ。カワイイふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
Lサイズは、1.6mmと1.9mmのパスタを分けて入れるために2つ。
この4種類を我が家は常備しています。
と言うと、パスタ料理得意みたいですけど、レパートリー少ないんですよ苦笑い
冷蔵庫をのぞいて余った野菜でちゃっちゃっと作るなんて憧れなんですけどね。
ま、これからがんばろうっと。
10月までは不妊治療お休みのため治療記録は書いていないですが、このブログにはもうひとつの目的があって、そううえ「潤いのある生活を求めて」なんですよ。
好きなものを買うのもの小さな幸せかなって思ってますローズ

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ



日本で不妊治療を受けるということ

513ZNTG2RRL__SL160_AA115_.jpg

先日行った図書館で借りてきた本を読みました~。
妊娠・出産のカテゴリーの棚からふと目に付いた本『日本で不妊治療を受けるということ』。
「初めての出産」、「産院選び」などと幸せなタイトルが並ぶ中に肩身を狭くしてあった不妊治療に関する本は、私の目に付く限り3冊しかありませんでした。そのうちの一冊です。
ん~・・・、はっきり言って読んでいて辛くなりました。
誰でも不妊治療は辛いと言うけれど、もう少し気を楽に持って不妊治療と向き合う方法もあったのではないかなと思いました。人のことは客観的に見れるのかも知れませんけど。
筆者が体外受精をしたはっきりとした時期はわかりませんが、多分2002年~2003年ぐらいなのかなと推測します。わずか5年ほどしか経っていないのに、治療の仕方も大分違うような気がします。
結局、一度の体外受精の失敗で不妊治療をやめられたのですが、それと引き換えに現在はジャーナリストとして活躍していらっしゃるようです。
私もキャリアウーマンになるのが夢でしたが、挫折をし家庭に入りました。さて思いきり子作りでもするかと臨んだ結果が、現在の不妊治療です。
挫折だらけの人生を嘆いた日々もありましたが、まだ不妊治療には挫折した訳ではありません。
だからこれからもがんばろう涙

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 潤いのある生活を求めて  All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。