スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒブワクチン

個人院の小児科へヒブワクチンの申し込みをして来ました。

出産した病院の小児科で申し込みをしていたのですが、前に400人待ちだったのですえっ

これじゃあ、半年待っても受けられんぞということで、先輩ママ友の紹介で地元の小児科へ行って来ました。

ヒブワクチンの説明を聞かないと申し込みが出来ないとのことで、外来患者と一緒に待たされました。

インフルエンザらしき人たちがいっぱいいて、怖かったわがーん。ちびさんを母親に預けてきて正解でした。

2月末には入荷され、確実に受けられるそうです。その時には5ヶ月か。

6ヶ月までは3回接種で、7ヶ月からだと2回の接種で済みます。1回接種が9,000円、2回の方が金銭的には楽だけど早めに打つに越したことはない。

5ヶ月のちびさんは、どのくらい成長してくれているのか楽しみです音符

スポンサーサイト

2ヶ月突入

2ヶ月に突入しました~。

4日前、大学病院での検査の際に身体測定をしてもらった時点で、体重3,644g、身長48.7cmでありました。小さく生まれたちびさん、ようやく体重が生まれた時の2倍になり、身長が5cm伸びました。

育児にも大分慣れた・・・絵文字名を入力してください気がする苦笑い

ただ未だに、あまりにもぐっすり眠っていると、乳幼児突然死なる言葉が頭をよぎり、揺すってみたりしてしまう。せっかく寝ていたのに起こしてしまい、自分の時間を削る羽目に・・・苦笑

でも、大分ちびさんの要求がわかるようになってきたので、2ヶ月目新米ママの一応の合格点としよう。

網膜剥離の可能性?!

最近、不気味な病気のタイトルが並んでおりますアップロードファイル

これは、ちびさんではなく私のことです。

出産後、体調の変化は幾多あり、そのひとつが飛蚊症でした。

目の前を浮かんで飛んでいる浮遊物が異様に増えた気がして、先日眼科へ行って来ました。

飛蚊症には、生理的なものと病気によるものとがあるそうで、瞳孔を開いて検査をしてもらったところ、網膜に穴が空いているのが確認されました。

原因は強度の近眼と加齢汗あせによるものだそうで・・・(陣痛に耐え、お産で息んだため??と密かに思っているが・・・関係ないか。。。)

放っておくと網膜剥離につながるので、早めに手術が必要と言われ、その場で受けてきました。

手術自体は簡単で、穴の回りにレーザーを照射するというものでした。やや苦痛は伴ったけど怒

やっぱり手術になるので『同意書』を書かされたりしました。

心配であれば大きな病院を紹介すると言われましたが、私は以前そこで逆さまつげの手術をしているので、信用して受けました。ちびさんの病院通いで忙しい上、自分まで大学病院へ行っている暇はなし。

費用36,020円えっ、想定外の出費にびびったぜよ。

ま、早めにわかって良かったとするか・・・

みなさん、突然目の前を虫がたくさん飛び始めたらご注意を苦笑

先天性甲状腺機能低下症

本日も朝一で大学病院へ。

休み前に受けた甲状腺の超音波検査は問題ありませんでした。甲状腺の位置、大きさによって、将来病気を発症しうるかどうかわかるそうですが、すべて正常でした。

ただ、今日の血液検査でTSHの値が33.04と前回の倍以上へ上がってしまったのです。

よって、先天性甲状腺機能低下症(高TSH血症)と診断を下され、治療が始まることになりました泣き顔

ただ、現時点では甲状腺ホルモン自体は正常で、念のための治療、低下症であっても軽度だと考えて下さいとは言われましたが、5歳になるまで毎日メディカルを飲み続けなければならないそうです。

5歳ぐらいになればさらに詳しい検査ができるようになるので、その時に検査入院をし、身体が未熟だったがためにTSHが高かったとわかれば、その時点で薬の服用は終わるそうです。その場合は、一過性の高TSH血症だったとう診断になるみたいです。

でも、やっぱり低下症であったということになれば、一生薬は飲み続けなければならないらしい。

今後も定期的な血液検査は必要で、今は小さいので手の甲から採血をしていますが、小さい手に絆創膏を大きく貼られて戻って来ると何とも痛々しくて、心が痛みます。それを早くても5歳まで続けるのか・・・

そのうち、病院へ行きたくないと言い出すんだろうな。

飲む薬は副作用はなく、一日ぐらい飲み忘れても問題はないそうです。サプリメントを摂る感覚で続けて下さいと言われました。

前向きに考えれば、人間死ぬまで一生健康でいられる訳はなく、大抵の人がどこかで生活習慣的に薬を服用する時期があるんだと思う。不妊治療をしていた時、私も漢方薬を飲んでいたしな。

生まれて最初の5年間、ちょっと薬を飲んでいたぐらいのことは、傷を残すことでも何でもないのかもしれない。

そう190何でもない、病気を笑い飛ばせる明るい子に育てよう。

お宮参り

お宮参りが終了しました。

ダンナの両親が飛行機に乗って上京し、結婚して初めて我が家に来て泊まって行かれました。

結婚して5年目ですが、一度も家に来たことはなかったのです。結婚式は東京でしたが、ホテルに泊まってそのまま帰られたので新居に寄ることもなかったし。

その後私たち夫婦が遊びに行くことはあってもあちらが来られることはなく、孫でもいないと来る理由が付けられなかったのでしょうねぇ・・・申し訳ない汗あせこんなに時間がかかってしもうたよ。

そんなこんなで前日から大掃除、おでん(夕飯用)、豚汁(朝食用)作りに追われてました。

お宮参りは地元の神社へ。私もその神社で、お宮参り、七五三をお祝い、祈願してもらいました。親子二代で同じ場所で迎えられるのも幸せなことです。

その後、スタジオアリスで記念撮影。

日に日に変わる新生児の成長振り。今の姿を写真に収めたくて少し奮発しましたが出費、いい写真が撮れて満足です。

生まれた時は本当に小さくて、手足は皮だけで脂肪がなく、保育器に入っている我が子を見ながら、かわいそうでかわいそうで涙が出て止まらなかったこともありました。(少し産後ブルーが入っていたかもだけど・・・229

でも今は大分ほっぺに肉が付き、手足もムチムチして来ました。子供の成長の速さに驚いています。

少しずつ育児に余裕が出てきたけど、まだまだあたふたしていることもいっぱい。そうこうしているうちに子供はどんどん成長し、ちゃんと記録を残していてあげないとあっと言う間に大きくなってしまうんだろうなぁ・・・と別の意味で焦ってます汗とか

まずはここで毎年成長記録を撮ってあげようかと思っています。

 

甲状腺超音波検査

今日は再び大学病院で甲状腺の超音波検査でした。

今日はダンナが会社を休めなかったので、母に付き添いで来てもらいました。車を買い替えておいて良かったよとつくづく思う今日この頃。まさか病院通いでこんなに運転するとは思っても見なかったけど・・・

検査中、今日のちびさんはよく寝ていて、本人検査をされた記憶は全くないだろう。ヨカッタ、ヨカッタにこ

超音波検査をされているモニターを見ながら、妊婦検診のエコーを思い出していました。写し出されるモニター画像は全く違うけど、なんだか懐かしいものがありました。

いつもモニターを見る度、ドキドキ、ワクワクしていたなぁ。

初めてもらったエコー写真は落花生の殻のような形をしていて、2cmしかなかったちびさんが今腕の中にずっしりと重い我が子だと思うと信じられなくもあり、感激でもありました。

今日は診察はなく、連休明けに採血と一緒に結果を知らされます。

その前にこの週末はちびさんのお宮参りです。ダンナの両親が初めて初孫に会いに来ます。我が家に泊まるので、明日は大掃除かな。がんばるぞ。

 

 

 

動脈管開存症

先天性代謝異常に続き、ちびさんの心配事その2です。

動脈管開存症(PDA)とは、

赤ちゃんがお腹の中にいる時は、肺で呼吸をしていないため心臓に戻ってきた血液は肺に送る必要がない。そのため直接大動脈に流れるように、動脈管という血管が存在する。この動脈管は出生後、数時間で自然に閉鎖するが、その血管が閉じない病気のこと。

退院前日の検査ではまだ心雑音があり血管が閉じていないとの診断で、本日経過観察の再検査でした。

先週、代謝異常の検査でお世話になった大学病院の先生からは、聴診器で聞く限りまだ心雑音が聞こえるので、今閉じなければ恐らく閉じることはなく将来手術になるだろうとのことでした。

今日の検査結果はもうわかったようなもので諦めていたのですが、レントゲンを見る限りでは閉じているらしいとのこと。

大学病院の先生の話をしたところ、確かにまだ心雑音は聞こえるがこれは閉じていくときの音だろうとのことで、今度は生後4ヶ月~5ヶ月の間ぐらいにまた検査をしてみましょうと言うことになりました。

仮に将来手術になっても、体重が10kgを超えてからで、カテーテルを差し込んで行う後に残らない手術もあるそうです。

後に残らないと聞き、女の子なのでホッとしています。何より、手術も回避できる可能性の光も差してきましたキラキラ

今日は胸部のレントゲンと心電図をとったのですが、心電図では大泣きでした。心電図は泣くと検査ができないそうです。

代謝異常の検査は採血をするのですが、細い血管に注射針を差し込まれ、こちらも大泣きをします。

小さく産んでしまったがために、こんなに検査、検査ばかりでごめんねと、本当に申し訳なく思うのです。

お詫びにママはあなたのことを大切に育てるから。

エアバギー購入

IMGP0494_convert_20091117113254.jpg IMGP0495_convert_20091117113604.jpg

エアバギーmimiを購入しました~。

ダウンタウンデラックスでホンジャマカの恵が紹介し、出演ゲストたちが絶賛していたベビーカー。つい乗せられて買ってしまいました。

冬の間はあまり外に連れ出さないし、春になったら買おうと思っていたベビーカーでしたが、A型ベビーカーとは違って首がすわらないうちからも乗せられるので、どうせ買うなら早めにと思って購入してしまいました。

何より、買い物には無関心なダンナが非常に乗り気だったためもある。「あのカラフルな三輪のベビーカー、最近、青山でよく見かけるんだよ。」とよく言っていました。セレブになった気がするのかしら?

このエアバギーを買うために生後一ヵ月ちょっとのちびさんを代官山まで連れ出してしまった私たち夫婦ですが、友達に話したら結構びっくりされました。

まだ、早かったのかしら?

本当は10月に発売になったブレーキモデルの新色クランベリーが欲しかったのですが、ただでさえ重いベビーカーだけにブレーキ付はさらに2kgも重くなるので断念しました。

家の前が坂とか出なければ、それほど必要ないそうです。

で、シトラスグリーンを購入。この色現在の在庫を最後に廃盤になってしまうそうです。

そしてフットマフまで買う予定はなかったのですが、このシトラスグリーンのみドット柄のマフで可愛かったのでこちらも購入。なんだか寝袋で寝ているようにこでも、防寒対策はバッチリぴーすですね。

そろそろ外気浴もしていった方がいいので、晴れた休みの日はこれでパパとお散歩に連れ出そう。

先天性代謝異常

ふぅ、24時間があっと言う間に過ぎて行く今日この頃。

ちびさんの授乳にひどく時間がかかったり、ようやく寝てくれるとその隙に自分も寝るので一向に自分の時間が作れない。その上、小さく生まれたため不安要因がいくつかあり、病院通いも拍車をかけている。

37週0日で1836gで産まれた我が子、小さかった原因は、胎盤が小さく臍帯が細かったためだろうとのことでした。 ただ、なぜ胎盤が小さかったのかはわからないそうです。もしかしたら、体質かもしれないとのことでした。

小さく産まれたわが子ですが、母乳をよく飲み、うんちもおしっこもよくし、オムツ替えの時はよく手足を動かしとても元気なのですが、先天性代謝異常の検査で引っ掛かったのです。

2000g未満で産まれた子は、代謝異常の検査を2回するそうです。産まれてすぐの検査は異常がなかったのですっかり安心しきっていたのですが、一ヵ月検診後に受けた検査で甲状腺ホルモンの値に異常値が出たのでした。

身体が小さいと、産まれてすぐの検査ではまだ身体が出来ていないため、異常があっても出ないのだそうです。

再検査で、甲状腺ホルモンのTSHという値が18.65で高いことがわかりました(参:正常値0.38-4.7)。

なぜ高いかを調べてもらうため、大学病院を紹介され先日行って来ました。

TSHとは甲状腺ホルモンを出せと指令を出しているところで、小さく生まれたため未熟なので、甲状腺ホルモンをたくさん出すように指令を出しているのではないかとのことでした。

現在、甲状腺ホルモンは正常値であるが、これが低下してしまうと発達障害を引き起こしてしまうため、治療が必要なようです。

現時点では治療の必要はなく、TSHの値を経過観察していくことになりました。万が一値が上昇してしまうと、甲状腺ホルモン低下症が疑われ、深刻になるそうです。

 まだまだ不安は拭えませんが、とてもいい先生で親切丁寧に説明をして下さったので、少しほっとしています。

一ヵ月検診の時の先生もそうでしたが、不安なことはないか親切に聞いて下さいます。病院の先生ってこれが本当なの?と返って戸惑ったものです。

不妊治療で病院通いをしていた頃の方が山ほどの不安があり、それでも大して聞いてもらえず一人悶々としていたものです。医者とはこんなものかと諦めていたものです。

先の見えない治療については、医者は明確な答えを出せないためしょうがないんでしょうかね??

それとも、育児の不安は虐待が心配なので社会は優しいのかしら??

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 潤いのある生活を求めて  All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。