スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終出社、私の存在意義

10w3d

昨日最終出社を終えてきました。派遣先の業績悪化により、この3月で契約終了となってしまったのです。

社員の人たちと同じ仕事をしているつもりではありましたが、4人体制でやっていた仕事を3人体制にしても問題ないのは事実です。もともと部署に1人しかいなかった派遣社員であり、切りやすかったのでしょう。

2月に妊娠がわかった時4月以降の契約更新を迷ったのですが、このまま妊娠を継続できるかわからない状況で仕事を失う方が怖く、6ヶ月まで働こうと決意を決めた矢先の「契約打ち切り」でした。

神様が「もう働かなくていいよ」と言ってるような気がしました。

とても居心地のいい職場で女性の方たちにはよくしていただいたと思っていますが、歓迎会もなければ送別会もなく、最終日に花束のひとつもなく(笑・・・)、本当に使い捨ての人間に徹したなぁという感は否めません。

それでも、不妊治療を打ち明けた後、月に4~5回病院へ寄ってからの出社で遅刻をしなければならなかったこと、それを黙認していただいたことにはとても感謝しています。

仕事が終わったことで気分的にも一段落付きました。月末の産科デビューまではもう少し安静にして、あとはマタニティライフを楽しみたいと思います。

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

スポンサーサイト

コメント

 
金魚さん、お疲れ様で~す
治療をしていない人は、治療をしていて、申し訳ない気持ちを抱えながら、でも、周期で通わなくてはならない通院。。。この気持ちはわからないものですよね。だから、ほんと黙認していてくれたことは嬉しいことですね。世の中には、なんであの人だけ!!なんていっちゃう人もいますから・・・

派遣を切るってことや、ベビちゃんがいるってことで、どうにお別れしていいかわからなかったんだと思いますよ。

そうそう、ゆっくり休んで、プレママライフ楽しんで♪
ありりんさん、こんにちは。
この前質問いただいた病院の件ですが、返信でコメント欄に載せてあります。
読んでいただけました?

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 潤いのある生活を求めて  All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。