スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先天性代謝異常

ふぅ、24時間があっと言う間に過ぎて行く今日この頃。

ちびさんの授乳にひどく時間がかかったり、ようやく寝てくれるとその隙に自分も寝るので一向に自分の時間が作れない。その上、小さく生まれたため不安要因がいくつかあり、病院通いも拍車をかけている。

37週0日で1836gで産まれた我が子、小さかった原因は、胎盤が小さく臍帯が細かったためだろうとのことでした。 ただ、なぜ胎盤が小さかったのかはわからないそうです。もしかしたら、体質かもしれないとのことでした。

小さく産まれたわが子ですが、母乳をよく飲み、うんちもおしっこもよくし、オムツ替えの時はよく手足を動かしとても元気なのですが、先天性代謝異常の検査で引っ掛かったのです。

2000g未満で産まれた子は、代謝異常の検査を2回するそうです。産まれてすぐの検査は異常がなかったのですっかり安心しきっていたのですが、一ヵ月検診後に受けた検査で甲状腺ホルモンの値に異常値が出たのでした。

身体が小さいと、産まれてすぐの検査ではまだ身体が出来ていないため、異常があっても出ないのだそうです。

再検査で、甲状腺ホルモンのTSHという値が18.65で高いことがわかりました(参:正常値0.38-4.7)。

なぜ高いかを調べてもらうため、大学病院を紹介され先日行って来ました。

TSHとは甲状腺ホルモンを出せと指令を出しているところで、小さく生まれたため未熟なので、甲状腺ホルモンをたくさん出すように指令を出しているのではないかとのことでした。

現在、甲状腺ホルモンは正常値であるが、これが低下してしまうと発達障害を引き起こしてしまうため、治療が必要なようです。

現時点では治療の必要はなく、TSHの値を経過観察していくことになりました。万が一値が上昇してしまうと、甲状腺ホルモン低下症が疑われ、深刻になるそうです。

 まだまだ不安は拭えませんが、とてもいい先生で親切丁寧に説明をして下さったので、少しほっとしています。

一ヵ月検診の時の先生もそうでしたが、不安なことはないか親切に聞いて下さいます。病院の先生ってこれが本当なの?と返って戸惑ったものです。

不妊治療で病院通いをしていた頃の方が山ほどの不安があり、それでも大して聞いてもらえず一人悶々としていたものです。医者とはこんなものかと諦めていたものです。

先の見えない治療については、医者は明確な答えを出せないためしょうがないんでしょうかね??

それとも、育児の不安は虐待が心配なので社会は優しいのかしら??

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 潤いのある生活を求めて  All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。