スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み終了

6日間の日程で夫の実家へ帰省しておりました。

と言っても、帰宅から一週間近くが経とうとしていますが、訳もなく忙しかったり、だらけていたりしてブログ放置状態でした。


さてさて、ちびさん初めての飛行機でどうなることかと思いましたが、午後の昼寝時間帯にフライトを合わせたのが良かったみたいで、往復ほとんど寝ていてくれました。

ただ、エコノミーで抱っこして2時間弱は結構きついですね。 

おっぱいを飲みながらで、もう寝ているくせになかなか乳首を離してくれなくて、動かすと起きるだろうし結局パパに抱っこを代わってもらえず・・・ママ、がんばりましたよ。

飛行機の中でアイスコーヒーを飲みたかったのだけど、「300円になります。」と言われ、抱っこしたまま財布を出せず、隣でダンナは寝ているし、無料のお茶で我慢しましたわ。

合理化でしょうがないのだろうけど、飛行機のサービスも悪くなったわ。


ちびさん、帰省中に熱を出してちょっとびっくりしました。

とても元気で食欲もあったのですが、身体が熱いなと思って熱を計ったら、38.3度もあり病院へ駆け込みました。

喉の炎症が少しあるぐらいで、ウイルス性の熱だと思われますとのことでした。

突発性発疹を心配しましたが、もう少し高い熱が出るそうです。

薬は座薬のみで、「38.5度を超えて機嫌が悪そうだったら使用して下さい。」とのことだったので、結局座薬は入れませんでした。

でも、38度前後の熱が3日間続き、心配しましたが、帰宅と同時に下がりました。

暑い中を結構連れ回したので、やや熱中症気味の疲れもあったのでしょうかね。

帰宅後、元気に家の中をハイハイしまくっていて、「やっぱりおうちはいいよね。」というような表情に見えました。


今回の旅後、親の欲目かもしれないけれど、よく声を出して笑うようになったし、表情や所作に乳児ではなく幼児のしぐさを見て取るようになって成長したように思えました。

初めての経験をしたり、いろいろなものを見たりしたとこがプラスになっているように思います。

じじばば孝行もできて、良かったかな。

にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーサイト

コメント

 
初めまして。
ブログ村からお邪魔しました。
うちの子も先天性甲状腺機能低下症で投薬中です。
まだ5ヶ月なのですが、薬をあげるのに格闘する毎日。^^;
飛行機で旅行、お疲れでしたね。小さい子がいると、休憩挟んだり授乳室が必要だったりで、私は上の子のときは旅行せずじまいでした。^^;
また遊びに来ます~。
ななこさん、はじめまして。

お子さんと同じ病気なのですね。なんだか心強いです。
最初に先天性代謝異常の検査でひっかかった時はびっくりしませんでしたか?
今は病気という感覚はほとんど持っていませんけどね。

薬は、最近は離乳食に振りかけてあげています。
離乳食に混ぜると成分などが変わってしまうのではないかと心配したのですが、
先生に確認したところ全く問題ないそうです。
離乳食が始まったら楽になりますよ。5ヶ月なら、もう少しですね。

お互いがんばりましょう!

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 潤いのある生活を求めて  All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。