スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療再開

昨日生理3日目で病院へ行って来ました。今周期の治療再開です。

一ヵ月半ぶりに行ったら、9Fの待合室が改装されていました。拡張されていて、これだけ椅子があれば立って待つもことなくだろうなと思っていたら、9時を過ぎると満員でやはり立っている人もいました。

これだけの人のうち来月何人が妊娠判定を迎え、陽性を得られるんだろうと考えていました。「もう二年も通ってる」という会話を耳にし、不安がつのります。でも、みなさん、がんばりましょう。み~んな一緒に笑いたい。

血液検査の結果が出るまで一時間半、4Fに呼ばれて待たされること40分、ようやく診察でした。

今まで見たことのない先生でした。

「今日のホルモン値で問題のある数値はなかったですよ。セロフェンを出しますね。」

「はい。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

(おい、何かってよ。今周期はどんな治療でいくとか説明ないのかな??)

「次はいつ来ればいいですか?」

「10日目でいいですよ。」

(え?この前は8日目に来てセロフェンだけでは効かないだろうからと言って注射をしたのに。)

「その時に注射するんですか?」

「しませんよ。・・・・え?あなた注射しないと卵胞が育たない人?」

慌ててカルテをめくる先生。でも私は、その時によって薬が効いたり効かなかったりしているので、いつも決まった治療はしていない。

「じゃあ、8日目に来て下さい。そして、注射しましょう。」

(その時に卵胞がちゃんと育っていれば無理に注射しなくてもいいと思っているし、柔軟に対応してくれるんだろうか?)

この病院は担当制ではないので、その時当たった先生がカルテを見て治療内容を把握するしかない。大勢の人が通っていてかなりのデータが蓄積されているとも聞く。技術力も高いと信じている。ここは信じるしかないな。 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 潤いのある生活を求めて  All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。