スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さら乳腺炎?!

初の乳腺炎に見舞われて、発熱、体調不良でこの三連休をほとんど棒に振ってしまいました

残りわずかな貴重な東京生活だったのに・・・

今までおっぱいトラブルは皆無だったのに、なぜに今さら乳腺炎という感じです。

でも、ママが疲れていたり、体調が悪かったりすると、母乳をあげている以上は誰もが起こり得ることなのだそうです。

猛暑の疲れと、育児の疲れと、転勤の心労かしら??

事の起こりはこんな感じでした

土曜日の朝目覚めると、ぞくぞくする寒気があり、「やば~い、涼しくなって来てたのに扇風機付けっ放しで寝たのがまずかったかしら??」と焦る。でも、右のおっぱいが張って、カチカチとまではいかないが痛みはありました。

ベビースイミングを断念し、寝る。

パパにリポビタンDとポカリスウェットを買って来てもらうように頼むが、買って来たのはオロナミンC

なんとか自分で買いに行き飲むが、寒気と倦怠感は治らず。

熱を計ると38.2度。

おっぱいの張りがつらいので自分で絞ると、茶色いおっぱいがにじみ出る

連休に突入する不安もあったので、とりあえず家から一番近い病院が内科で、そこで診てもらう。

喉の腫れ、鼻水、腹痛など風邪の症状なし。左右の脇で熱を計ると、張っている胸の脇の方が体温が高い。乳腺炎の診断。抗生物質の処方。

おっぱいマッサージに電話をし、お願いするが、熱が出た当日のマッサージは避けた方がいいと言われ、アドバイスをいただく。

とにかくおっぱいを冷やすこと。
茶色いおっぱいが出ていても、子供が飲んでくれるなら、与えて構わないこと。
とにかく安静にして、病人食と同じお粥、うどんなどのようなやさしい食事をとること。
抗生物質が出ているのであれば、それを飲めば熱は下がるだろうとのこと。

夕方には熱は下がったものの、翌日まで身体の倦怠感は続きました。

そして、昨日月曜日にマッサージを受け、詰まってしまったおっぱいを出してもらってきました。

マッサージ後も残っていた胸のしこりが、今日には完全になくなり、柔らかいおっぱいに復活。

踏んだり蹴ったりの三連休でした

にほんブログ村 子育てブログへ


スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 潤いのある生活を求めて  All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。