スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての散髪

東京へ帰って来ました~

もちろん年末年始の里帰りですけど。

やっぱり高いビルはいいなぁ。

この交通量や騒音も今の私には心地いい。

夜光輝くネオンも懐かしい。

じいじ&ばあばも、私たちの帰省を心待ちにしていたようです。

ちびさんは、引っ越し前の数週間を過ごした実家を忘れていなかったようで、すぐに機嫌良く遊び始めました。


さて、今回の帰省の目的のひとつにちびさんの散髪がありました。

胎毛を筆にしたくて、前髪をヘアピンで止めてがんばって来たのですが、いい加減限界が来ていました。

外ではヘアピンの存在を忘れているのですが、家の中だとどうしても取ってしまい、前髪が目にかかっていたのです。

そう言えば、こんなこともありました。

口をもぐもぐしているので、何を食べているのか口を開けさせたら、ヘアピンが出てきたことも

筆にするには最低でも5cmの髪の長さが必要で、量も小指の太さほどが必要だそうです。

床屋さんには、女の子だし、今は寒いから春まで待ったらと言われていたのですが、「もう限界です」ということでかけ込みました

結局ちびさんの髪の量だけでは足りず、私の髪の毛も切られ、それを芯に使うようです。

そして、ちびさんは8カ月頃の懐かしい顔に戻ってしまいました。

すっかり男の子みたいで、頭が寒そう。

でも、これで念願の筆ができるみたいです。

筆の種類もピンきりでしたが、なるべくシンプルなタイプで選びました。

それでも、18,900円

桐の箱には『最愛なる我が子へ』、筆には『守り髪』と入れてもらうことにしています。

まあ、親の独りよがりの自己満足かもしれないけれど、慈しんで育てて来た思いが少しでも伝わればいいなと思っています。

成人したら、あげるからね。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 潤いのある生活を求めて  All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。